制作手順(写真含む) - RealMaskお面

RealMaskお面
コンテンツに移動します
用意頂く写真
1、基本的に、「正面の顔写真」です。
制作に直接使用しますので、拡大しても目鼻口など、ちゃんと写っている物です。
2、お写真は、メール添付下さい(JPG,PNG,PDFなど)
3、もみ上げ迄など「深いタイプ」では、左右の横顔も添付ください。
「問合せ・見積・注文」のフォームに添付出来ますが、こちらからの返信メールに
添付頂いて結構です。
(注)メール添付(写真データ化出来ない方は、写真を直接お送りください)
送り先:〒169-0075東京都新宿区高田馬場1-4-21-1005 中田耕市(MaaYu/MEIBIS+)
よくあるご質問と制作手法
◎3Dプリンターの誤解:TV番組などで3Dプリンターで表面に写真があるのは、当たり前と思われがちですが、
これは30㎝フィギア等制作に使われる「世界唯一の日本製のプリンター」のみであり、材質が石膏の為、
お面等には不向きです。
◎3Dスキャニング:不要です。
◎顔写真だけで制作:3Dスキャニング・3Dプリンター不要で制作!これは、私達の独自手法です、
簡単に説明しますと、柔らかい樹脂板(特殊な物)に編集済みの顔写真を溶着し(特殊処理)、
この樹脂板を立体形加工して、その後、表面写真対比で、細かな目鼻口等の部位の凹凸をハンドメイドで制作します。
より精密な物を制作の場合は、正面以外に、左右の顔写真も提出頂きます。その後、スタンダードタイプ以上は
目の中の光沢コーティングや唇の艶感を出します。特注では、しわやシミや開いた口等様々な対応を
させて頂いています。
この様な様々な手法により、本人の写真や画像のみで「リアルマスクお面」を製作しています。
従って想像上の人物や故人や歴史的な人物及び人物以外の妖怪・モンスター・動物等、大抵のものの制作を
可能にしています。
確認事項(添付写真のご注意)
人の顔はCGで、自由に編集できると思っていらしゃる方がいます。
人の人相に関係なければ、顔用のソフトも多くあり、可能です。
しかし、通常の有名人の顔は、TV等で認識されているので、
編集も出来ますがあまり知られていない人や、
一般に認識されていない顔は、編集すると人相が変わる場合が多くあります。
・斜めの顔を正面にする(人相が変わる)
・影が非常に多い事
(平面はOKでも立体にすると違う角度からみたら不自然)
・解像度がない写真
(画面で拡大して、目や鼻その他部位がわからない)
制作には、正面で影がない自然な顔写真をお願いします。
あまりよくない写真は、極力編集し、こんな感じになると言うご返事を致します。
キャラCGデータなら、正面にして下さい。顔写真の場合は、
正面の写真(鮮明な物)を提供下さい(下記図参照)
リアルマスクお面の深さと輪郭
通常のリアルマスクお面は、青Aの
深さまでです。簡易型では、
赤線の「あごからおでこ」までが
制作部分になります。
なるべく頭部髪付き部分まで
延長して制作しますが、おでこの
面積がある場合は、生え際までに
なってしまいます。リアルを強調
されたい方は、ウイッグの装着をお考え下さい
MaaYu/MEIBIS+立体造形作家 中田耕市 複製複写は禁止事項です
コンテンツに戻る